看護師 人間関係 トラブル

看護師の転職/人間関係のトラブルの少ない職場には共通点があった!

適度な距離感を保てるメンバー・職場

人間関係が比較的うまく行っている職場に共通していること、それはスタッフ同士の間にある「適度な距離感」です。でもこれは何も看護師の職場にだけ当てはまるような特別の事ではなく、人が集まる所ではどこででも言えることかもしれません…。ただ看護師の仕事がその他の女性が就くことが多い職種と違うところは「スタッフ同士の距離がどうしても近くなりやすい」というところです。毎日の勤務時間が長く、盆も正月も、昼も夜も一緒に働いていると物理的に近くなるという以外に、気持ちの面でも至近距離になっていきます。忙しくてバタバタしているとどうしても出てくる感情のぶつかり合い…。ゆっくりと仕事している分には出てこないようなそれぞれの感情が、ゆとりがなくなってしまう事でおもてに出てしまうという感じでしょうか…。気持ちが近い分、それを仲間意識につなげることができたら、メンバーシップを発揮できる部署になるはずです。でもその仲間意識の強さが間違った方向に行くと、個人の感情を仕事に持ち込むスタッフが増えてかえってまとまりがなくなってしまいます。

 

人間関係のトラブルに巻き込まれないために…

 

人間関係を良好に保つための適度な距離感は、スタッフ一人ひとりがお互いのを尊重しているからこそ生まれるものです。「仕事の中心は患者さん」「むやみに噂話をしない」「仕事と割り切ってコミュニケーションをとる」…この3つを意識してでも実行出来ているスタッフが多いほど、適度な距離感を保ちながらメンバーシップが最大に発揮できるはずです。部署によっては伝統的な人間関係の問題を引きずっているようなところもある事は現実ですが、まずは自分から変わっていきましょう。その姿勢が周囲にいい影響を及ぼすことが出来るはずです。新しい職場に変わるときにも先ほど話した3つに注意していれば、人間関係のトラブルに巻き込まれることはなくなるでしょう。

 

 

看護師の転職/人間関係でお悩みの方へ/TOP


ホーム RSS購読 サイトマップ