看護師 人間関係 改善

看護師の職場で人間関係を改善していくコツは?

看護師の人間関係改善に役立つ3つの裏技

職場の人間関係での悩みは看護職以外に就く場合にも付きものですよね。特に女性が大多数を占める看護師の世界…。看護学生時代から女性ばかりの環境にいると、自分でも気づかないうちにだんだんと「看護師っぽく」なっていく傾向があります(笑)どこの職場に行っても少なからずと人間関係の問題にぶつかることなると思うます。
そこで、「看護師の職場での人間関係に役立つワザ」をご紹介します。

 

  • @噂話は聞き流す

院内での人事異動の話から職場恋愛、気が合わないスタッフについて…など、いろんなスタッフのいろんな憶測や個人的な感情が入り混じった情報が飛び交う院内。休憩中にうっかり話したことが日勤・準夜・深夜のスタッフへとしっかりと申し送られ、翌日には詰所内全員その話題でもちきり(しかもかなり内容が変わっている)…なんてこと、珍しくないですよね。噂話はほどほどに、話半分以下で聞き流しましょう。

  • A男性スタッフとの距離感

さすがに女性が多い看護師の職場だけあって、とにかく職場全体の「女のカン」が鋭い!こっそり付き合っていると思っているのは実はふたりだけで、周囲の人全員気付いていることもザラ!恋愛はもちろん自由ですが、公私混同と受け取られるような態度をとってしまうと、あとあとの人間関係にひびくのでご用心!職場で恋愛をするのなら、自分の口が堅くないと失敗する確率が高くなります。

  • B勘違いされにくい態度

女性はみんな、「自分と似た人」が大好きです。だから極端に自己主張が激しい人はついつい浮いてしまいがちになります。例えどんなに正しい意見を持っていようとその伝え方一つで、
「なんかちょっと面倒な人」と勘違いされてしまう事になりかねません。別に心の底からみんなに合わせる事はありませんが、職場の人間関係ではある意味割り切ってみんなに合わせる潔さが必要です。

 

 

看護師の転職/人間関係でお悩みの方へ/TOP


ホーム RSS購読 サイトマップ